様々な節税対策

納税の義務と節税

国民には納税の義務があります。しかし納税も払い過ぎてしまうのは損ですね。しかし社会保険料などは毎年値上げしていき、さらに増税が続いています。そこでおすすめの節税法についていくつかご紹介しましょう。

会社員でもできる節税テクニックとして生命保険料控除があります。生命保険や介護医療保険、個人年金保険などはそれぞれ最大4万円、合計で12万円の所得税から控除されます。例えば生命保険については年間8万円以上の支払いがあるのであれば、最大で4万円は控除の対象になるのです。

次に雑損控除です。雑損控除は災害や盗聴、さらには横領などによって資産が損害を受けてしまった時に、一定の所得控除を受けることができるのです。熊本大地震のような大きな自信で住宅の壁にヒビが入ってしまった時でも控除を受けることができます。

寄附金控除は地方公共団体や国、特定公益増進法人などに特定寄附金を支出した場合には所得控除が受けられるのです。ふるさと納税は今話題になっていますが、このふるさと納税も寄附金控除の1つになります。

住宅ローン減税は、住宅ローンのあるご家庭には非常にありがたい控除です。年末の住宅ローン残高の1%が10年間にわたって所得税が減額される仕組みになっています。最大の控除額が40万円×10年の400万円であり、課税所得が圧縮されるわけではなく、その額だけで所得税が減りますので圧倒的にお得なのです。

さらに納税署員に聞いたところ、結婚するのであれば年末にするのが節税につながると言われています。年末に結婚をして扶養家族を多くすることで所得税、住民税の扶養控除を最大限に利用して節税することができるのです。扶養控除は、年間の合¥合計所得が38円以下で給与収入の実であれば103万円でなければなりません。

まとめ

納税は国民として必ずやらなければなりませんが、納税の節税に関してはしっかりと知識を入れておくべきでしょう。納税を節税することでかなり賢く節税対策ができることになるでしょう。

相続税税理士が対応している地域を調べる

サラナク湖畔

相続税に強い税理士とエリア

遺産相続を行う場合には、通常税理士に相談することが多いでしょう。昔は地元にある税理士事務所へ依頼していたのですが、最近はインターネットの普及によって、タウンページではなくインターネットで情報収集を行うことが多くなっています。インターネットは世界中の情報が閲覧できるので、日本国内であっても、ホームページを開設している税理士事務所全ての情報が閲覧できるのです。中には自分の住んでいる地域は対応エリア外になっていることもあるでしょう。

税理士によって、一定の地域のみを担当している場合もあれば、日本全国に対応していることもあるので、できれば日本全国に対応している税理士に依頼するとよいでしょう。地元のみが対応エリアになっている場合には、その分情報が少ない上に実績も限られてしまいます。しかし、日本全国で対応していれば、依頼件数も多いので実績も多くなるでしょう。しかも評判や口コミを書き込む人も多いので、その分情報収集もしやすくなります。

地域に特化している税理士を選ぶ

もちろん地域をしぼって対応している税理士の中にも、遺産相続について詳しい税理士は存在しているのはいうまでもありません。インターネットで税理士を探した場合、この税理士がよいからと連絡をしても、対応エリアでなければ依頼することができませんので、事前に対応エリアをきちんと確かめておく必要があるのです。もし日本全国どこであっても対応してくれる税理士事務所であれば、このように対応エリアを確かめる必要はなくなります。

だからこそ日本全国で対応している税理士事務所がおすすめなのです。なぜ日本全国で対応することが可能なのかというと、日本全国にあるいろいろな地域に拠点が存在しているからです。これもインターネットが普及したことで可能になったと言えるでしょう。もちろん遺産相続に関して詳しいか、相続税の支払いをできる限り少なくできるだけの知識と実績があるのかという点も重要です。いずれにしても情報収集をしっかりと行う必要があります。

相続税の簡易診断を行う

信用金庫

相続税の診断

相続税の支払いや遺産相続というのは、人生で何回も発生することではありません。そのため、税理士や弁護士のような専門家でない限り、勉強するということもありませんし、慣れるということもないでしょう。しかも被相続人が亡くなり、悲しい思いをしているというのに、相続税や遺産相続まで頭が回らないという人もいると思います。このようなときに慌ててしまわないためには、事前に簡易診断を行っておくという方法が有効的です。

簡易診断というのは、実際に遺産相続が発生する前に、ある程度簡易的に遺産の調査や診断を行い、相続税の支払いがどの程度になるのかというのを教えてもらう方法です。もちろん税理士に依頼するようになるので、ある程度お金も必要になってしまうのですが、このように事前に対策をしておくことで、いざというときに何をすればよいのかわからなくなってしまうというトラブルを防ぐことができます。もちろん簡易診断ですし、実際に相続税を納めるというわけではありません。

相続税とシミュレーション

実際に遺産相続が発生する前に行うため、遺産相続をして相続税を納めるときには、多少遺産の価値も変わってくるでしょうし、税率を変更されてしまう可能性もあります。よってこのような流れで相続税の申告を行い、大体このぐらいの相続税を支払うようになるというシミュレーションだと思っておけばよいでしょう。ある程度の流れだけでも知っておけば、実際に遺産相続が発生したとしても、このように進めていけばよいということがわかります。

さらに簡易診断を依頼したときの対応がよく、報酬も良心的でよい税理士だったのであれば、実際に遺産相続が発生し、相続税の申告を行わなければいけなくなったときに、同じ税理士に依頼すればよいのです。逆に対応が悪くて報酬も高く、あまり信用できる税理士ではなかった場合には、別の税理士に依頼するべきでしょう。このように税理士の信頼度や知識などを見極める方法としても、簡易診断というのは利用することができるのです。

金融機関の相続手続きの概要

金融機関の相続

ご家族が元気なうちは宜しいですが、ご家庭によっては高齢で非常に病気がちな方を持つことも少なくありません。日々に世話に忙しいこともあって、財産の管理等にはなかなか頭が回らないことも多いのです。しかし、遺産相続は誰にでも起こるものでして、特に金融機関の手続きについては事前に理解しておく方が後々役に立ちます。

まず金融機関に預けている資産は、名義人が死亡するとすぐに凍結の処理が金融機関側で一方的に取られます。つまり、遺族側が死亡届等を出さずとも、先方が正確な死亡の事実を知り得ればその時点で凍結される仕組みなっているのです。

名義人である本人がこの世に居ない、当然その資産は手がつけられないはずなのですが遺族によっては意外に金融商品の常識を理解できていないことも多いでしょう。

金融機関の相続トラブル

このような流動資産は多ければ多いほどトラブルになることが多く、特に法定相続人が複数人(配偶者や兄弟)になりますと事情がより複雑になります。仮に遺言書があった場合は、さらに揉める場合も多くなりますので遺族だけで解決するのは適切ではありません。

そのため、金額の大きさによっては一般的に弁護士などの代理人を立てて手続きを進めてもらい、金融機関にある資産を含めたすべての財産についての遺産相続手続きを進めていくのです。そのため、まずは金融資産を含めてどのような遺産があるのかを確定することから始めなければならないでしょう。

金融機関の手続きに限っては、死亡者の戸籍謄本・遺産分割のための協議書や全相続人の実印及び印鑑証明・死亡者名義の通帳や証書などの各種書類を取り揃えることが求められます。この際、弁護士に委任する場合は委任状も一緒に金融機関へ提出しなければなりません。

しかし、先述のように遺産相続は死亡者の全遺産について進められますので、金融資産だけでなく負債なども考慮せねばならず、そして最終的には相続税も絡んできますので各遺産を切り離して考えることは出来ないことが大きなポイントとなります。

銀行の相続手続き

銀行と相続

お国柄を問わず、非常に敏感な問題として扱われる遺産相続問題ですが、日本人は特に自分には関係ないことと判断しがちです。しかし考えてみますと、日本国内にはかなりの数の中小企業や自営業者がいることもあって、遺産相続時についての金融機関の手続きが経営に大きく影響を与えることもあるでしょう。

とりわけ自営業における銀行口座問題は非常に落とし穴が多く、その口座名義は死亡者のものになっていることがほとんどです。そのため、どんなに実質的な業務をご子息が行っていても名義人が急に死亡してしまうと、銀行口座が凍結されて業務に必要な資金が引き出せなくなる恐れがあります。

銀行相続の手続き

もちろん遺産相続のために金融機関の手続き方法を迅速にすれば良いのでしょうが、少なくとも資金繰りに悪影響を及ぼすのは避けられません、よって、個人名義で事業を行っている場合は個人資産も事業資産も明確に分けられていないために、思わぬトラブルに見舞われることになる分けです。

理想的なのは生前贈与で徐々に資産を後継者名義にしていく方法ですが、銀行口座の名義1つで事業が滞ってしまうようでは大変勿体ない話です。そのため、事業主が亡くなってもスムーズに業務が行えるように形式上は法人化して誰が経営者になっても銀行口座が凍結されない工夫を早々にやるべきでしょう。

金融機関の手続き自体は、死亡者の戸籍謄本や法定相続人の印鑑と印鑑証明などを必要なものを提出すれば良いのですが、手続きが完了するまで最低でも10日間から2週間はかかる場合もありますので人数が多いとタイムラグが長くなっていきます。

しかし実際のケースを見ますと、個人口座のままでは法定相続人が多い場合に事業の継続から既にトラブルになることも多く、単に銀行へ書面上の遺産分割協議書を出せばよいという問題ではなくなるのが一般的です。したがって、普段から万が一のことに家族全員で遺産相続に関心を持っておくことで、事後にて不必要ないざこざを極力減らすことが出来るでしょう。

証券会社の相続手続き

証券の相続

いざという時にスムーズに行かないことも多い遺産相続ですが、特に金融機関の手続きなどが発生すると普段から手続きなどを行ったことが無い方は困惑を隠すこともできません。

しかし、金融機関の手続きと聴くとすぐに一般の銀行預金を思いう浮かべがちですが、最近は積極的に個人投資をされる方も多いので証券会社の口座にある委託金が遺産相続の対象の一部になることも珍しくないのです。

実は多くの金融機関の手続きのうち、証券会社における手続きは非常に骨の折る部類に入ります。それというのも、相続人は死亡者の口座を直接相続が出来ないことになっているからです。一般的に相続人はその人数ごとに証券会社に口座開設を行わなければならず、それが出来なければ手続き自体が始められないということになっているでしょう。

証券会社での手続き

証券会社に預けてある資産について、遺産相続を進めていくための書類として死亡者の戸籍謄本・遺産分割協議書・証券証書・相続人印鑑・印鑑証明、そして遺言書が有るのならそれも提出しなければなりません。基本的にすべて原本を呈示することが求められ、通常は確認が取れしだい相続人側に返却してもらえることになっています。

証券会社における遺産相続手続きは郵送で行うことを認めているところも存在していますが、郵送において重要な書類を送付することは大変リスクが高くなりますので基本的に直接窓口に赴いて手続きすることがベストです。

ただし、証券会社は銀行と違ってお住まいの地域に支店が無い場合もありますので、遺産相続する金額によってはお近くの弁護士などの法定代理人に委託することも得策でしょう。

また、意外に見落としがちなのが証券会社で運用している資産額の確定です。円建てで購入しているものであれば良いですが、最近は外貨建てタイプのものも非常に多いので処理のタイミングによっては目減りが生じることもあるでしょう。いずれにしても、死亡のタイミングきちんと証券会社に連絡を入れることで、結果的に処理がスムーズになって行きます。

FXの相続手続き

FX

FXと利益

日本において一般庶民の遺産相続と言うと、それほど多くの金融資産が無いケースが通常です。しかし、それは今となっては昔の話で、最近はFX(外国為替証拠金取引)で一気に利益を掴む個人投資家もいらっしゃいます。

つまり、FXで取引をしていた方が資産保有したまま死亡しますと、その口座に入っていた資産も当然ながら遺産相続の対象となります。通常FXはオンライン上で行うために運営元である証券会社などに発覚しない限り取引自体は行えますが、基本的に財産を減らしてしまう恐れがあるために手を付けない方が無難と言えるでしょう。

また、FX資産に関する金融機関への手続きですが、相続人が自分名義のFX口座を持たない場合は資産の相続のために一旦口座開設をしなければなりません。
この際の手続きに必要な書類に関しても、死亡名義人の戸籍謄本・相続人の印鑑証明及び実印・遺産分割協議書の提出は必須となっているのです。戸籍謄本についてはコピーでも良い業者もあるようですが万が一のために原本を準備しておくのが賢明です。

FXと相続

さらに、口座名義人が死亡した時に何らかのポジションを持ったままになっていることも珍しくないので、この場合もやはり早くFXの運営会社に連絡して口座を凍結してもらうことが必要となります。

通常は、上記の書類を運営会社に提示してから2週間程度で遺産相続金は開設したFX口座に振り込まれますが、運営会社が外国企業というケースも現在は非常に多いので日本における金融機関の手続きと大きく異なる場合があるでしょう。
人によってはFXの遺産相続は少額なものであっても最終的な手続きに関して複雑に感じることがありますので、この場合は海外業者の各種手続きを代行してくれるサービスを使うこともできます。

流動性の高いFX資産では、金額が大きいと相続税のことは考えずに各相続人が勝手なことを言いがちです。そのため、最初から弁護士に依頼して処理してもらうこともトラブル回避の1つの方法となるのです。

生命保険の相続手続き

生命保険とは?

遺産相続と言うのは一般的に死亡者名義の既存財産に係りまして、流動資産である預金などは一定の書類によって各金融機関の手続きを行うことで相続がなされます。しかし、死亡者が生前に生命保険に加入していたケースもあって、その多くは相続人の内のいずれかを保険金の受取人として指定している場合が多いのです。

基本的にこの生命保険による保険金は遺産相続されるべき遺産とは見做されず、あらかじめ死亡者に具体的に指定されていた保険金受取人が受けるべき個人な利益となります。この場合、受取人は金融機関の手続きは必要なく、生命保険会社で必要な手続きを取ります。

しかし、この保険金額が著しく巨額で家庭の事情を勘案すると著しく他の相続人と不公平が生じると評価される場合は、この保険受取人が特別受益として財産の前渡しをしてもらったと判断されることもあり、その場合は他の分割資産を受け取れないケースもあるでしょう。

生命保険の相続

また、死亡者が生前加入の生命保険に受取人が相続人とだけ書いてある曖昧なケースもあって、この場合も遺産とは見做されずに各相続人がそれぞれ保険金を受け取る権利が生じます。しかし、何の特別な取り決めが無い場合は遺産相続の分割比率に従って保険金も個人利益として分割されるわけです。

さらに稀なケースになりますと、死亡者が生前に加入した生命保険の受取人を死亡者自身に指定している場合です。この場合は、死亡の時点で死亡者の財産であると見做されますので、相続すべき遺産の中に算入されることになります。そして、分割割合によって配分されていくことになるでしょう。

このように、遺産相続時に発覚した死亡者の加入の生命保険は受取人次第では、非常に複雑で色々なトラブルを行う可能性を秘めています。生命保険自体受け取りまでの流れもそれほどは難しくありませんが、保険金は一般的に大きくなることが非常に多くなりますのでそれまでの相続人間の協議が縺れることも珍しくありません。

損害保険の相続手続き

損害保険とは?

人間はどなたでも死ぬ時が来ますし、その場合は何らかの形で遺産相続をすることもあります。相続すべき資産は各ご家庭によって様々なのでしょうが、実は金融機関の手続きが必要なタイプのもの以外に死亡者が生前に加入していて損害保険に絡むことがあるのです。

例えば損害保険の代表的なものとして自動車保険が挙げられますが、その内容として対人対物補償以外にドライバーや同乗者の人身傷害補償と言うのがあります。つまり、運転中に事故で怪我したり死亡したりした場合にその過失がどこにあるかを問わず、保険金が受取り指定人に支払われると言うことになるのです。

損害保険と相続

この場合、通常であれば相続人の1人が特定の受取人となっていた場合は、全体の相続遺産の一部とは見做されずにその特定の相続人の個人的な利益として処理されるでしょう。
しかし、その金額が大きい場合は他の相続人との間に不公平が生じるケースもありますので特別受益と見做される場合があって、その時は遺産が事前確保されていたとして判断されることになりますので他の遺産の取り分が少なくなることもあります。

上記のような損害保険の保険金の手続きに必要な書類は、保険金請求書・事故証明・示談書・死亡診断書等の他に受取人の実印及び印鑑証明が必要になって行くのです。ただし、弁護士などの代理人に依頼することでかなりの書類は準備してもらえることになるでしょう。

また、損害保険にも火災保険などがあって何らかの原因で家が火災に遭って契約者も死亡した場合は、火災に関する保険金受取人が契約者本人あっても法定相続人が受取ることになりますが、この場合は本来相続遺産であった家屋が無くなっているために結果的に保険金が支払われても遺産として算入されません。それでも火災保険金を相続人の間で分割するように協議を進めることで分割することが可能です。

損害保険の保険金手続き自体は金融機関の手続きも要らずにスムーズですが、保険の種類によって遺産とならないこともありますので手続きの流れはケースバイケースとなります。

消費者金融の相続手続き

消費者金融とは?

遺産相続と言うのは多くの方が一生に一度経験することになりますが、遺産は決してプラス資産ばかりではありません。つまり、死亡者の方が生前に作った借金や負債に関しても、マイナス資産と見做されて相続人に引き継がれることになるでしょう。

もちろん、相続人はマイナス資産に関して放棄することは可能ですが、同時にプラス資産も放棄せねばならないので結果的に遺産全体を放棄することになります。

実は遺産相続をする際に、死亡者が消費者金融などで生前負債を抱えていたことが発覚することもあります。この場合、相続人で金融機関の手続きの前にまず進めるべきことは、この消費者金融分を算入したすべてのマイナス資産を整理することになるでしょう。そして、プラス資産と差額を算定して遺産額が多ければ、それに対して遺産相続を進めて行きます。

一方で差額が負債の方が多かった場合は、相続人がここで遺産の放棄を判断して良いでしょう。しかし、実は消費者金融で死亡者が借り入れを行っている場合は、借り入れの時期によりますが過払い金が発生していることも珍しくありません。

消費者金融を含んだ相続

よって、一般的に消費者金融を含んだ遺産相続の手続きを行っていく場合は、具体的な金融機関の手続きを含めて弁護士に全部委託して処理してもらう方が手続きも大変楽になります。仮に消費者金融について過払い金が有りますと、現在の利率で行きますと死亡者の借入金は既に返し終わっていたと言うことになるでしょう。

遺産相続に消費者金融の過払い金が絡む場合は、弁護士にはいち早くこの過払い金を処理してもらうことが適切です。それは、最後の借入金の取引から10年が経つと返還できない場合もあるからになります。中には返還金を免れるために清算していた会社もあるくらいなのです。

一般の方は消費者金融の負債というと非常に身構えることもありますが、専門家にしっかり頼んで処理をしてもらうことで非常に解決も早くなりますので決して焦らないようにしてください。