遺産相続は死人に口無しのケースも!横行する遺言書の偽造

深刻化する相続問題

多くの方にとって遺産相続は身近なものになりつつあり、家族円満でいるためには早期に解決すべき問題となっています。しかし、皮肉なことに遺産相続を取り巻くトラブルはどんどん深刻化する傾向にあって、被相続人が生前のころからその問題の原因そのものは存在していることが多いのです。

さらに、遺産相続に関する金融機関の手続きについても一般的な事例として信じられない時事ネタもあって、何と遺言書の偽造なども非常に多く発生しているとされます。

被相続人は一般的に相続人の1人と同居若しくは生計を共にしていることが多く、すべてのご兄弟に当てはまるという分けではありませんが関係そのものが非常にギクシャクしているケースが多いと言えるでしょう。

相続弁護士に相談してみる

このように日常的な関係に問題のある兄弟間においては普段からのコミュニケーションも希薄であることから、兄弟の一部が遺産相続に関する書類を自分に都合の良いように作り、上述のように本来存在してもいなかった遺言書をあったかのように工作することもあるわけです。

特に、兄弟姉妹にもお互いの配偶者などが存在していますので、配偶者が遺産相続について要らぬ入れ知恵をすることも多く、本来血縁の兄弟間で解決すべき遺産相続がより複雑で解決も困難になっていきます。書類の偽造などは一般的に筆跡を見れば不可解であると発覚することも多いのですが、発覚しない場合もあって滅多に実家に帰って来られない兄弟姉妹ばかりですとこのような状況に陥りやすいでしょう。

しかし、このような状況になる前に被相続人やその配偶者などが遺産相続に関して意思表示をしっかり行うことで、相続人となる兄弟姉妹も心の準備を行っていくことができます。

ここで役立つのはやはり被相続人を支える弁護士に存在です。普段から、家族各々がお互いに関心を持っていれば良いですが、それが被相続人自身にも感じられない場合は生前における第三者を挟んだ事前準備を進めていくのがオススメです。