遺産相続は慣れることがない

遺産相続は初めての連続

税理士や弁護士であれば、いろいろな人から依頼が来るので経験を積んで慣れることも可能なのですが、一般の人は一生のうちに数えるぐらいしか遺産相続というのはありません。そのため、専門家でない限りは遺産相続に慣れるということがないのです。だからこそ遺産相続のときには専門家に任せるべきだと言えるでしょう。

もし遺産相続でもめるようなことがあれば弁護士に依頼するべきですが、スムーズに遺産相続が進むのであれば、税理士に依頼するだけで十分です。税理士は相続税に関する相談だけしかできないのではなく、遺産相続全般に関する相談などを受け付けている場合もあります。

もちろん全ての税理士が遺産相続に関して何でも相談に乗ってくれるというわけではありませんので、事前に情報収集をしっかりと行いましょう。そして遺産相続の相談が多く寄せられていて、経験が豊富な税理士に依頼するべきです。くれぐれも自分で本やインターネットを利用し、自分の力だけで手続きなどを進めないことです。もし失敗してしまうと、余計に費用が掛かってしまう可能性も十分あります。

遺産の中には預貯金も含まれる

相続が初めてだと気づかないことがありますが、当然のことなのですが、遺産相続をするときには、被相続人の預貯金も遺産の1部に含まれます。たとえ不動産を持っていなくても、預貯金が一定金額を超えていれば、相続税の支払い義務が発生するので注意しないといけません。このように預貯金の問題も遺産相続では出てくるので、税理士に相談するようにしましょう。

税理士であれば相続税に関しての知識は持っていて当然です。不動産物件が多くを占めているとはいえ、預貯金の額が多くて相続税が発生してしまうという場合もあるので、この預貯金を相続したときには相続税の支払い義務があるのかという相談をしないと、後になって税金未払いになってしまう可能性もあります。

税金未払いの場合には、通常支払うべきであった金額に上乗せした形で納めなければいけなくなるので、金額が高ければその分大損してしまうことになるでしょう。ただでさえ税金というのは金額が高くなっているので、可能な限り少なくするのが一般常識になっていることから、遺産相続のときには必ず税理士に相談するべきです。