遺産相続で意外に知らない手続きの期限に注意する!

遺産相続の期限

ご家族の方が亡くなりますと、多かれ少なかれ遺産相続と言うものがどのご家庭でも発生する時代となり、その処理の仕方をしっかりと認識していないと日常生活にて受ける悪影響やダメージも想像以上に大きなものになって行きます。

遺産相続における金融機関の手続きを含めて、多くの手続きには一般的に期限が設けられていることが多くなり、その期限を過ぎてしまうと不意に色んなデメリットを被る場合もあるでしょう。

本当にある遺産相続の時事ネタのうち、シャレにならないケースとして相続自体の意思表示を行わずに、ほったらかしにしておくことです。意外に多くの方が知らないのは、相続は黙っておくと自然に受け継がなければならなくなるということです。

相続放棄も期限がある

死亡した被相続人の残したものが資産であれば良いのですが、負債の方が多かったということも蓋を開けてみると非常に多いのです。しかし、遺産相続は相続の開始を知った時から3か月以内に相続の承認や放棄などの意思表示を行わなければならないとされています。

実はこの相続開始を知った時というのは大変難しく、ケースバイケースで処理されることになりますのでベストなのは被相続人が死亡した時にすぐに相続に関して考慮することが重要で万が一のトラブルを早めに想定することが出来るでしょう。

多くの相続人となるべき人は、生前被相続人がどのような資産や負債を持っていたのか見当もつかないことがあります。つまり、遺産は資産なのか負債なのかそれを3か月以内に金額ベースで確定させるのは非常に難しいことなのです。そのため、事前に放棄したり、すべてを承認したりすることもできます。

また、負債超過になった場合は放棄するけど、相殺後に資産超過になった場合は受け継ぎたいというケースもありますのでその場合は限定承認を行うことができます。その後も相続税の支払い期限など1年内にすべきことは幾つかありますが、まずは相続について意思表示を弁護士なり単独なりでも行っておきましょう。