証券会社の相続手続き

いざという時にスムーズに行かないことも多い遺産相続ですが、特に金融機関の手続きなどが発生すると普段から手続きなどを行ったことが無い方は困惑を隠すこともできません。

しかし、金融機関の手続きと聴くとすぐに一般の銀行預金を思いう浮かべがちですが、最近は積極的に個人投資をされる方も多いので証券会社の口座にある委託金が遺産相続の対象の一部になることも珍しくないのです。

実は多くの金融機関の手続きのうち、証券会社における手続きは非常に骨の折る部類に入ります。それというのも、相続人は死亡者の口座を直接相続が出来ないことになっているからです。一般的に相続人はその人数ごとに証券会社に口座開設を行わなければならず、それが出来なければ手続き自体が始められないということになっているでしょう。

証券会社に預けてある資産について、遺産相続を進めていくための書類として死亡者の戸籍謄本・遺産分割協議書・証券証書・相続人印鑑・印鑑証明、そして遺言書が有るのならそれも提出しなければなりません。基本的にすべて原本を呈示することが求められ、通常は確認が取れしだい相続人側に返却してもらえることになっています。

証券会社における遺産相続手続きは郵送で行うことを認めているところも存在していますが、郵送において重要な書類を送付することは大変リスクが高くなりますので基本的に直接窓口に赴いて手続きすることがベストです。

ただし、証券会社は銀行と違ってお住まいの地域に支店が無い場合もありますので、遺産相続する金額によってはお近くの弁護士などの法定代理人に委託することも得策でしょう。

また、意外に見落としがちなのが証券会社で運用している資産額の確定です。円建てで購入しているものであれば良いですが、最近は外貨建てタイプのものも非常に多いので処理のタイミングによっては目減りが生じることもあるでしょう。いずれにしても、死亡のタイミングきちんと証券会社に連絡を入れることで、結果的に処理がスムーズになって行きます。