税務調査が行われる時期

相続税を納税してからどれぐらいの期間で税務調査が行われるのかを知っておきたいという人もいるでしょうが、実際には納税をしてすぐ行われるというわけではありません。相続税の場合には、大体支払いをしてから1年から2年ぐらい経過してから行われることが多いでしょう。要するに忘れたころに税務調査が行われているのです。

また、税務調査を行う場合には、長期間行われる場合と、短期間で済む場合があるのですが、5月や6月に行われた場合には、比較的短期間で済むことが多くなっています。なぜなら税務署の場合、7月に人事異動が行われるからです。よって8月や9月に行われた場合には、長期間かかることが多いと言えるでしょう。

では、どれぐらいの税務調査をしているのかというと、その年によって多少変わってくるのですが、相続税を申告した人の3割前後に対して税務調査が行われており、その中の8割前後の人が申告漏れを指摘されていると言います。このようなことにならないために、税理士に相談するのです。