相続税の簡易診断を行う

相続税の支払いや遺産相続というのは、人生で何回も発生することではありません。そのため、税理士や弁護士のような専門家でない限り、勉強するということもありませんし、慣れるということもないでしょう。しかも被相続人が亡くなり、悲しい思いをしているというのに、相続税や遺産相続まで頭が回らないという人もいると思います。このようなときに慌ててしまわないためには、事前に簡易診断を行っておくという方法が有効的です。

簡易診断というのは、実際に遺産相続が発生する前に、ある程度簡易的に遺産の調査や診断を行い、相続税の支払いがどの程度になるのかというのを教えてもらう方法です。もちろん税理士に依頼するようになるので、ある程度お金も必要になってしまうのですが、このように事前に対策をしておくことで、いざというときに何をすればよいのかわからなくなってしまうというトラブルを防ぐことができます。もちろん簡易診断ですし、実際に相続税を納めるというわけではありません。

実際に遺産相続が発生する前に行うため、遺産相続をして相続税を納めるときには、多少遺産の価値も変わってくるでしょうし、税率を変更されてしまう可能性もあります。よってこのような流れで相続税の申告を行い、大体このぐらいの相続税を支払うようになるというシミュレーションだと思っておけばよいでしょう。ある程度の流れだけでも知っておけば、実際に遺産相続が発生したとしても、このように進めていけばよいということがわかります。

さらに簡易診断を依頼したときの対応がよく、報酬も良心的でよい税理士だったのであれば、実際に遺産相続が発生し、相続税の申告を行わなければいけなくなったときに、同じ税理士に依頼すればよいのです。逆に対応が悪くて報酬も高く、あまり信用できる税理士ではなかった場合には、別の税理士に依頼するべきでしょう。このように税理士の信頼度や知識などを見極める方法としても、簡易診断というのは利用することができるのです。