生命保険の相続手続き

生命保険とは?

遺産相続と言うのは一般的に死亡者名義の既存財産に係りまして、流動資産である預金などは一定の書類によって各金融機関の手続きを行うことで相続がなされます。しかし、死亡者が生前に生命保険に加入していたケースもあって、その多くは相続人の内のいずれかを保険金の受取人として指定している場合が多いのです。

基本的にこの生命保険による保険金は遺産相続されるべき遺産とは見做されず、あらかじめ死亡者に具体的に指定されていた保険金受取人が受けるべき個人な利益となります。この場合、受取人は金融機関の手続きは必要なく、生命保険会社で必要な手続きを取ります。

しかし、この保険金額が著しく巨額で家庭の事情を勘案すると著しく他の相続人と不公平が生じると評価される場合は、この保険受取人が特別受益として財産の前渡しをしてもらったと判断されることもあり、その場合は他の分割資産を受け取れないケースもあるでしょう。

生命保険の相続

また、死亡者が生前加入の生命保険に受取人が相続人とだけ書いてある曖昧なケースもあって、この場合も遺産とは見做されずに各相続人がそれぞれ保険金を受け取る権利が生じます。しかし、何の特別な取り決めが無い場合は遺産相続の分割比率に従って保険金も個人利益として分割されるわけです。

さらに稀なケースになりますと、死亡者が生前に加入した生命保険の受取人を死亡者自身に指定している場合です。この場合は、死亡の時点で死亡者の財産であると見做されますので、相続すべき遺産の中に算入されることになります。そして、分割割合によって配分されていくことになるでしょう。

このように、遺産相続時に発覚した死亡者の加入の生命保険は受取人次第では、非常に複雑で色々なトラブルを行う可能性を秘めています。生命保険自体受け取りまでの流れもそれほどは難しくありませんが、保険金は一般的に大きくなることが非常に多くなりますのでそれまでの相続人間の協議が縺れることも珍しくありません。