様々な節税対策

国民には納税の義務があります。しかし納税も払い過ぎてしまうのは損ですね。しかし社会保険料などは毎年値上げしていき、さらに増税が続いています。そこでおすすめの節税法についていくつかご紹介しましょう。

会社員でもできる節税テクニックとして生命保険料控除があります。生命保険や介護医療保険、個人年金保険などはそれぞれ最大4万円、合計で12万円の所得税から控除されます。例えば生命保険については年間8万円以上の支払いがあるのであれば、最大で4万円は控除の対象になるのです。

次に雑損控除です。雑損控除は災害や盗聴、さらには横領などによって資産が損害を受けてしまった時に、一定の所得控除を受けることができるのです。熊本大地震のような大きな自信で住宅の壁にヒビが入ってしまった時でも控除を受けることができます。

寄附金控除は地方公共団体や国、特定公益増進法人などに特定寄附金を支出した場合には所得控除が受けられるのです。ふるさと納税は今話題になっていますが、このふるさと納税も寄附金控除の1つになります。

住宅ローン減税は、住宅ローンのあるご家庭には非常にありがたい控除です。年末の住宅ローン残高の1%が10年間にわたって所得税が減額される仕組みになっています。最大の控除額が40万円×10年の400万円であり、課税所得が圧縮されるわけではなく、その額だけで所得税が減りますので圧倒的にお得なのです。

さらに納税署員に聞いたところ、結婚するのであれば年末にするのが節税につながると言われています。年末に結婚をして扶養家族を多くすることで所得税、住民税の扶養控除を最大限に利用して節税することができるのです。扶養控除は、年間の合¥合計所得が38円以下で給与収入の実であれば103万円でなければなりません。

納税は国民として必ずやらなければなりませんが、納税の節税に関してはしっかりと知識を入れておくべきでしょう。納税を節税することでかなり賢く節税対策ができることになるでしょう。